カズ整体院のあれこれ

2020年1月29日

はじめまして十和田市西二十二番町でカズ整体院を営業させていただいております。
院長の「瀬 上 一 憲 (せのうえかずのり)」と申します。

以下、私自身の経験談などを語らせていただきます。

腰痛はつらいよ

 私は、八戸市で生まれ育ち、小学生から高校生まで、剣道を十年間やりましたが、ずっと腰痛に悩まされてきました。

 腰痛歴は実に五十年。
 学生時代は、市内の色々な治療院に通いましたが、なかなか良くなりませんでした。
 痛くないときは、全然問題ないのですが、疲れがたまってくると一番弱いところにしわ寄せが来るという通り、ぎっくり腰だったり、慢性腰痛だったりと症状は異なるものの、腰痛が発症していました。

 その後、長じて中年になって、だんだんと体型も変わってきて、姿勢も悪くなっていったんでしょう。
仕事にかこつけて運動不足になっていたということも否めないと思います。

 2010年の夏、坐骨神経痛を発症するに至り、更には間欠性跛行(かんけつせいはこう)で歩くこともままならない状態を経験しました。

坐骨神経痛というやつは、箱根駅伝に出るようなエリートランナーも発症しますし、私のような運動不足のサラリーマンも、力仕事で体を酷使される方も発症されます。

発症して、自分が坐骨神経痛だとはなかなかぴんと来なくて、痛い腰・臀部を手で押さえながら通勤していました。

 そんな私ですので、腰痛や坐骨神経痛の辛さは、誰よりも身に染みてわかります。
 発症した坐骨神経痛は、ブロック注射、投薬、湿布でも好転する兆しがみえませんでしたが、症状を一変させてくれたのは、帰省時に偶然出会った指針整体という手技でした。
 整体を受けたその日の夜は、久方ぶりに痛みから解放され、ぐっすりと朝まで眠ることができました。
 その翌日も整体を受けました。ただし、当時は、東京でサラリーマンをしていましたから、翌日には帰京しなければなりません。
 とりあえず、臀部から太腿の裏に効くストレッチを教えていただくとともに、東京近辺で指針整体をやっている方を数名紹介していただきました。

 ところが、教えていただいた方は、予約がいっぱいで新規はとらないという方。もうひと方もそうでした。ストレッチは続けていましたが、なかなか良くならなかった私は、ネットで指針整体のスクールがあることを知りました。
 当時、色々考えところもあり、スクールで整体を教えていただくとともに、スクール生同士の練習で、施術台となって、解してもらいつつ、自身のストレッチの頻度や強度を調整しながら続けることによって、発症から半年近くたって、坐骨神経痛は治りました。

 治ったら、不思議なもので、仙骨を立てて座る、歩くときに背筋を伸ばして歩くということが自然とできる様になってきます。
いわゆる所作の美しさが自然と身についてくるのです。
私が「美しい整体(be seiati)」を提唱するのは、ここからきているのです。
 もし、あなたが腰痛や坐骨神経痛にお悩みでしたら、一度当院にいらっしゃいませんか。世の中には色々な治療手段や手技がありますし、向き不向きもあります。
 四十肩・五十肩や坐骨神経痛等、一回の施術だけで完治することが難しいケースも多々ございます。
 でも、あなたが抱えるその痛みを私の手技でとることができたとしたら、これに勝る喜びはありません。
私が学び始めた理由や学びの経緯については、「ブログ 十和田市 炭酸整体 カズ整体院」に掲載しておりますので、そちらをご覧になってください。