本文へスキップ

be seitai カズ整体院は、十和田市西二十二番2-6

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0176-58-6381

〒034-0094 青森県十和田市西二十二番町2-6

こんなときにはtreatment

 ぎっくり腰になったなら
 安静にして、お腹を温め、腰部を冷やすべし。
 お腹にはホッカイロを、腰部には氷水にて炎症をとりましょう。

 そして、早めにカズ整体院へお越しください。

 
 当日は、腰部への無理なほぐしは致しません。
 当院では、立ってお帰りいただくことを最優先にした対応を取らせていただきます。
 まず足指を丁寧に解します。観趾法ベースの足指へのアプローチで、殆どの場合、立って帰ることができる状態にまで復活します。
 ただ、難点はかなり足指の解しが痛いこと。

 ぎっくり腰を発症した方は、足指の踏ん張って立つ力がとても弱っておられます。
 そこで、足指にグリップ力をつけて、まずは立てる状態にまでもっていきます。
 お時間があれば、ハムストリングス及び内転筋にアプローチしますが、次回、一週間以内にもう一度来院いただき、ぎっくり腰の再発防止のためのハリを取り除きつつ、お体のバランスを整えるための全身整体を受けていただきます。
 これで、ケアは万全です。

 
原因不明の腰痛、そして、下肢の痺れ これってなあに?
 一度、整形外科で診断していただくのがベストです。
 レントゲン、МRI等で病院の診断を受けてください。
 まれに内臓疾患に関わる病気から派生した痛みであるケースもございますので。
 
坐骨神経痛という診断が下された場合の当院での対処法を説明いたします。
 坐骨神経痛は、とても厄介な病気で、箱根駅伝を走るような健脚ランナーから運動不足の中高年サラリーマンまで発症するもので、坐骨神経にそって痛みが走ることから、俗称としてこの名が付けられています。
 他のサイトでもこの病気のことはよく説明されていますが、原因は現代の医学を以てしても不明です。

 また、間欠性跛行という症状が出る場合もあります。
 私がそうでした。
 少し歩いては、臀部が痛くなり、腰を屈めると症状が和らぎ、そして少し歩いてはまた痛みが出るということの繰り返しで、満足に歩くこともままなりません。
 そして、自然治癒はほとんどありえません。

 仕事にかまけて放置した結果、足を引きづって歩くようになった方を何人も見ました。
 放置したままだととても怖い病気ですが、シッカリとケアすることによって元通りの元気な状態を取り戻すことが可能です。

 注射や投薬又は手術で改善したいと思われる方はここから先は読んでも無駄です。
 当院では、パッシブケアとアクティブケアという二つのケアで完治までのサポートをいたします。
 パッシブケア
 痛みがひどいときは、当院では、筋肉(経絡)に見られるハリやコリを改善し、症状が緩和するように持っていくことを第一義として施術します。
 特に坐骨神経痛の場合は、臀部に強烈な痛みを伴うケースが殆どです。
 この痛みを和らげ、ハリを改善することから始まります。

 アクティブケア
 症状が緩和してきたら、ストレッチで筋肉の回復を促します。
 回復の度合いをみながら、通院の頻度を下げていき、あとは、ご自身でのウォーキングでお体を整えていただきます。

 痛みが強いときは誰でも不安です。
 私もそうでした。
 でも、幸い私もこの二つのケアで今ではバリバリ元気に動ける体が戻っています。
 


カズ整体院ビルダークリニック

〒034-0094
青森県十和田市西二十二番町2-6
TEL 0176-58-6381

newpage4.htmlへのリンク